TOEFLに挑戦する社会人の方へ

 
自分なりに留学準備しているけれど、TOEFLの勉強の仕方が分からない…、だから(スコアも)得点が取れない…」
 
先日、お勤めになられている社会人の方から、このようにご相談いただきました。
 
もしかしたら、これをご覧のあなたもこのような経験をされたことがあるかもしれません。
 
もし、こんな風に悩んでいらっしゃるとしたら、それはけしてあなたのせいではありません。
 
ですので、自分をあまり責めないであげてください。
 
(もちろん、出願が近づいているのに、思うようにいかなくて気持ちが落ちそうになる気持ちも、よ~くわかります。)
 
私達の長年の観察では、勉強してもスコアに結びつかない原因の多くは「エネルギー枯渇問題」です。


エネルギー枯渇問題とは?

おそらく、職場でもまわりの同僚の何人かは、次のキャリアに向けて勉強している人もいらっしゃると思います。
 
ですので、社会構造の変化がいちじるしい現代、多くの社会人が、仕事後も自分を高めるために勉強しなければならないという気持ちを抱いています。
 
しかし、社会人になると日中は仕事、そして残業がある時もあり、家に帰ればもうヘトヘト・クタクタになっている釈迦人たちが少なくありません。
 
つまり帰宅時には、エネルギーが枯渇したような状態なんですね。
 
ですので、勉強したくても意欲や活力が足りなくなってしまっているんです。
 
 
そして(とりわけ、初めのほうは)そのような状況でも、ご本人なりに勉強をやろうとされていたかもしれません。
 
しかし、体力が集中力がつづかない状態で勉強しても身につくことは難しいでしょう。
 
 
ただ、疲れた中でがんばって勉強していますから “やった感” は、あると思うんですね。
 
ですけれど、やはりそのような学習ではTOEFLsコアには結びつきづらいと言えます。
 
 
そして、それが続いてしまうと「勉強しても分からないし、できない」あきらめモードになってしまいかねません。
 
もし、そのような状況でお困りでしたら、以下の2つの解決策をおススメいたします。
 


2つの解決策とは?

❶ひとつは「ペース配分」することです。
 
例えば“マラソン”なら、スタートからゴールまで全力疾走することはないでしょう。
 
マラソンで早くゴールに到達する選手ほど、うまい“ペース配分”をしながら走っています。
 
それと似ていて、早くTOEFLでスコアがでる社会人の方は、意識的にも無意識的にも1日のペース配分が上手な傾向があります。
 
 
❷もうひとつは「勉強の質を高める」ことです。
 
誰しも、ペース配分をしたとしても1日の終盤には、疲れが出てくることは仕方がありません。
 
だとするなら、限られた体力や集中力の中で室の高い勉強を行うことが大切です。
 
これを、シンプルに言うなら「学習環境」です。
 
例えば、勉強会に来て勉強したり、まわりが勉強している環境であれば、おのずと机に向かって勉強するモードになりやすい傾向があります。
 
このように、人は外的環境に行動が影響される傾向があります。
 
それをうまく活用するんですね。


勉強会には、寝に来てください

ちなみに勉強会では、「(勉強会には)寝に来てください」と(特にまじめな)社会人の方にお伝えしています。
 
実際に、勉強会に来て寝ておられる社会人の方もいらっしゃいます。
 
ですが、勉強会に来てまわりの社会人の方たちが、おもいっきり勉強している環境下で1~2時間も寝ることはできません。
 
だいたい15分程すると、起きて勉強を始めておられます。
 
短い時間の睡眠でも、体力・集中力が回復し、ものすごい勢いで勉強をはじめるんですね。
 
ご存じの方もおられるかもしれませんが、短時間の睡眠は脳をリフレッシュさせ、その後の3~4時間の作業効率を高める効果があると言われています。
 
例えるなら、スマホの“急速充電”のようなものです。
 
ちなみに、厚生労働省も昼食後の短時間睡眠を推奨しています。
 
「健康づくりのための睡眠指針」では、午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすると、眠気による作業効率の改善に効果があると記されています。
 
 
上記には「午後の早い時刻」と書かれておりますが、私たちが勉強会を見る限りにおいては、17~19時くらいの時刻であっても短時間睡眠をすることで、勉強の効率は上がっております。
 
逆に、がんばって寝ずに勉強している方ほどパフォーマンスが低く、勉強したことが身に付きづらい傾向があります。
 
ちなみに、家だと環境的に1~2時間寝てしまうことも少なくありません。
 
ですので、環境をかえることは成績を伸ばすうえではとても大きな要因であると、私たちは考えています。


まずは環境を変えてみませんか?

TOEFLスコアが伸びるにつれて、先に先に申し上げた“ペース配分”が上手くできるようになってくる傾向があります。
 
なぜなら、計画的に勉強する習慣が身に着くことで、物事を俯瞰的にとらえるチカラが身についてくるからです。(それは勉強に限ったことではありません)
 
それを踏まえますと、限られたエネルギーで効果的な勉強をする上では、まず環境を変えることから始めることをおススメいたします。
 
 
そこで、社会人の方が勉強しやすい環境としてご案内するのが
TOEFL勉強会です。


質の高いTOEFL対策をするためには?

それは、一人ひとりに合わせたTOEFL対策を行うことです。
 
そして、ひとつひとつ段階的にステップアップできる学習計画に基づく勉強を続けることです。
 
そこでTOEFL勉強会では、英語のレベルも経験値もちがう社会人の方おひとりおひとりに合わせた支援を行っています。
 
また、つねに社会人の方の進度をデータ化(下図)することによって、最適な学習計画を策定しています。
 
 
実は、TOEFLで高得点を取っている社会人の方も同じ段階を踏んできています。
 
決して、特別な才能があったわけではありません。
 
 
スコアを獲得するに至るまで、ひとつひとつの段階を丁寧に踏み外さないように取り組んできた結果が、結果として現れているんですね。
 
逆の言い方をすれば、TOEFLで高いスコアが取れた社会人の方も、もし学習ステップを丁寧に進めていなければ、得点できなかったということです。
 
 
ですので、どんな学力の社会人の方も正しいステップで丁寧にひとつひとつの課題をクリアすれば、成績を伸ばすことができます。
 
繰り返しますが、難なくTOEFLスコアを短期で獲得された社会人の方は、丁寧にステップをクリアして行ったからです。


正しい目標を設定しよう!

さらに付け加えるならば「こうなりたいという目標」があることも、勉強に向かう原動力になります。
 
目標とは、例えば「アメリカの大学で●●を学びたい」でもいいですし「大学院に進学して●●になりたい」でもいいですし、さらには「将来、海外で~~になって働きたい」でも構いません。
 
 
もちろん、目標設定にも大切なポイントがあります。
 
ですが、TOEFLスコアが伸び悩んでいる社会人の方ほど、今まで(勉強はキャリアにおいて)あまり目標を立てた経験がおありでないようです。
 
ですので、まずは次のTOEFLのスコア目標を設定するといった、比較的、立てやすい目標からはじめればいいと考えています。
 
そうして、目の前の目標を設定することから始めると、だんだんと長期的でかつ実現可能な目標の設定ができるようになってきます。


実績紹介

喜びの声


TOEFLに関する相談を受けることができます(無料)

TOEFL勉強会への相談は、以下のながれで進めています。
 

事前面談

 
TOEFL勉強会で始める前に、個別の面談をさせていただいています。
 
面談では、以下のようなことをお伺いしています。
 

英語力に関すること
学習習慣に関すること
現在、楽手面でお困りの事 etc

 
他の方がいらっしゃる場所で話づらいようなこともお伺いし、できるかぎり留学のお気持ちを深く理解したいと考えているからです。
 
親身な対応で評判をいただく勉強会は、活動歴18年のベテラン。
 
ですので、はじめは緊張したとしてもすぐに打ち解け、気軽に分からないことなど質問していただけるはずです。
 
そのように、参加者と支援者、また参加者同士の距離が近いからか、TOEFL勉強会は、みんなで目標に向かって勉強をがんばる雰囲気があります。
 
楽しみながら勉強できる環境を、どうぞ体験してください。
 

TOEFL学習についてのアドバイス

 
勉強会で成功した他の大学生の学力データなどを例に、今後のTOEFLスコア獲得のための学習計画などをお話しいたします。
 
創立以来18年、蓄積した” 学習ノウハウ ”をもとに、どの学力レベルの社会人の方が、どんな取り組みをすれば、どのくらいの期間でどのくらい学力がのびるのか?を提示いたします。


代表紹介

一人ひとりのTOEFLを見るときはしっかりと、だけどオフの時間はおちゃめで面白い、お菓子大好きな代表を中心とし、勉強会参加者の方に最適な支援をさせていただいております。


上げられるところまでとことん行ってしまいましょ!

TOEFL勉強会の活動がスタートして以来18年、数々の社会人の方が留学を達成し、夢のキャリアを手にしてきました。
 
ですので、そのTOEFL勉強法はかなり自信があるものです。
 
 
そして、一度、TOEFLスコア(英語力)が伸びれば、今度は落とす方が難しくなります。
 
英語力を伸ばす経験や、TOEFL高得点の世界を知ってしまったら、もう戻れなくなるんです。
 
もちろん、短期的な視点であれば一時的にスコアが下がることもあります。
 
 
ですが、例えばTOEFLスコアが30点台だった社会人の方は90点を執れるようになった場合、仮にその次のTOEFLで70点を取ったとしたら、心の底から悔しい気持ちがわいて、さらに次のテストでは、もっともっと高いスコアを取れるように取り組むようになります。
 
 
ですので、現在、疲れ切って勉強どころではないという社会人の方には、ぜひ勉強会を活用してあこがれのキャリアを手に入れていただきたいと思っています。
 
一緒に勉強しましょう。
 
 
そして、自分の可能性を信じて、英語力やTOEFLスコアを上げられるところまで、上げ切ってしまいましょう!
 
 
それでは、ご縁あってお会いできることをお待ちしております。
 
 
最後まで、お付き合いくださいまして感謝いたします。

HOME | ■【 社会人の方へ 】