TOEFLが選ばれる理由

|他との違い|

  英語学校 \TOEFL勉強会/
講師 英語が話せるという理由だけで採用されたネイティブ。外国語を勉強したことなない人がほとんどで、授業時間が終わればサッと授業を切り上げて帰っていく外国人。 留学経験者、TOEFL高得点者による支援活動。自身も努力してTOEFLに挑戦した経験から、一人ひとりの学力や個性に合わせたアドバイスを届けることができる。
形式 集団授業が主流。学校の都合で決めた時間に合わせて受講しなければいけない。 平日や普段の時間でも必要に応じてアドバイスを届けます。
授業 授業料が高額。受講者のスコアが出なくても、受講期間がくれば終了。授業中、分からないところがあっても、他を気にしなけれ場ならないので、質問するにも勇気がいる。 一人ひとりに合わせたTOEFL対策ができるので無理なく続けられます。指導者との距離も近いから分からないところがあってもすぐに答えてくれて、留学準備も手伝ってくれます。

その1:英語学校では結果が出にくいという問題

英語学校の多くは集団授業形式。その効果は、公表できないほど低い合格率です。

 


:TOEFL対策を集団授業。その教え方で大丈夫?

「 TOEFLの学校 」「 英会話スクール 」「 大学のTOEFLの授業」「 語学留学での現地での授業 」は、集団授業が主流です。しかし、英語学校で目標に到達する人は、受講生に対して「ごくわずか」です。
大型の英語学校では【 合格者の数 】 は、多く見えますが、【 合格率 】に関しては、驚くほど低いのです。
なぜ集団授業では、TOEFLのスコアは上がらないのでしょうか?
学力向上させる上で大切なのは、実は「 個別の英語学習に対するTOEFL対策 」なのです。
集団授業だと「 分かっていなくてもカリキュラムに、遅れを出さないために授業はどんどん進む💦」「 逆に分かっていてもカリキュラムに組まれているので、不必要に受講しなければならないので無駄が多い💦」といった非効率がたくさん起こってしまうのです。
 


:英語学校する残念な学習アドバイス 

英語学校で、スコアが伸びなくて相談に行くと、
「 もう少しがんばってください。」
「 最低1日2時間は勉強してください。」
一見、これらはアドバイスのように見えますが、この通りにやっても英語力・TOEFLスコアは変わらないでしょう。ほとんどの場合、すでに頑張っているのですから、これは「あなた」にとって酷なことになるでしょう。
 
なぜ英語学校はこのような適当なアドバイスになってしまうのでしょうか。それは、英会話スクールやTOEFLの学校は、「授業をあなた売っている」のであって、「普段の英語学習や個人の勉強の面倒を見てくれるところではない」からです。
 


:英会話やTOEICのついでに開講しているのがTOEFLの授業。これが英語学校のリアル。

英会話スクールが、英会話クラスやTOEICの「ついで」に、TOEFL講座を開講しているケースもあります。その理由は、もちろん「もうけるため」「売り上げを上げるため」です!
英会話と受験勉強はまったく違うものです。また、TOEICとTOEFLでは試験の性質の全く違います。そのような場所でTOEFLの授業を開講して大丈夫なのでしょうか?
 


:語学留学でTOEFLのスコアを上げられる?

語学留学のほとんどは、「海外での生活は楽しかったけれど、肝心の英語力は上がらなかった。」といったものがほとんどです。
『 なぜ、語学留学では上がらないのでしょうか。』
それは、英語の基礎力を上げないで、ただやみくもに「英会の授業」を受けているだけだからです。分からない内容があったとしても、分からない英語を、分からない英語で、教えてもらって果たしていつ英語力が上がるのでしょうか? 語学留学は、「本気でスコアを上げたいと強く願う学習者」にとっては、四苦八苦する場所です💦 先生がネイティブであるということと、 専門性の高いTOEFLで、あなた英語力が上がるということは、一切関係はありません!
 


:Web授業(Eラーニング)

ハートの通わない、「 売り切り型 」なのがEラーニングです。金だけ振り込んでくれれば、それで終了💦 ひどいところになると、税金逃れに、会社は税率の低いシンガポールに移転するweb授業の業者がでてきました。日本を「もうけ先」としか考えていない「 web授業 」に大切なあなたの人生がかかっているTOEFLを任せて大丈夫でしょうか。
 

その2:高額な授業料がかかるという問題

TOEFLの勉強するために、どのくらいの費用がかかるのか、心配な人も多いでしょう。
「 え?なんでそんなにお金がかかるの?」
「 どうしたらその金額に?」
と驚き、勉強そのものを諦めてしまう人もいるのが現実です。
 
ひどい英語学校では、最初は金額が安く見えたのに、最終的にいろいろと追徴され、出費の多さに困るというケースも。
 
「お得だから」「安いから」と言ってすごい数の追加授業を取るよう言われ、後からどんどん授業料に上乗せさせられていき、最終的に累積したその金額に驚く人もいます。
 
生徒の英語力が上がっているのであれば、その高額な金額でも問題ありませんが、たくさん英会話のチケットを買ったものの、先生が不足していて授業を受けることさえもままならないといった学校も出てきています。
 
こうなってくると、もうけ主義的な「英語スクールの悪意」を感じないでいられるでしょうか。
 

例えば、半年6ヶ月の英語学校!
6ヶ月約50万円前後です
週末通うだけでも25万円前後
例えば、半年6ヶ月の海外の語学学校!
6ヶ月約100万円前後(英語圏)
6ヶ月50万円前後(フィリピン留学)

 
こんなに費用をかけても、TOEFLの成績が上がらないとしたら?
 
皆さんの本当の目的である「留学」に向けて、少しでも費用を抑えて勉強したいですよね。費用を抑えて最短で英語力を上げたいあなたは、TOEFL勉強会にぜひご参加ください。
 
 

HOME |  |選ばれる理由