HOME | 【 勉強の手順 】 | [ TOEFL 英単語・ボキャブラリー対策 ]

TOEFL対策の重点は断固「 単語 」にあり!!

≪はじめに≫

あなたは英文を読むことが得意ですか。
 
英文が読めるということは、TOEFL試験すべてのセクションの土台です。リーディングやスピーキング、ライティングも問題文を素早く正確に読み、その内容を理解しなければ、スコアアップは望めません。つまり、英文が読めるということは、他のセクションも自然に強ります。
 
では、どうすれば英文が読めるようになるのでしょうか。
 
それはたくさんの「英単語」を覚えることです。そして、次にそれを使えるようになるこどえす。そうすることで、いろいろな文章の内容が自然と理解できるようになるのです。
 
TOEFL勉強会では、あなたの「英単語」の数をどんどん増やしていけるような取り組みを行っています。英単語を日本語で覚えるだけでなく、その日本語も理解することです。また、せっかく覚えた英単語が忘れてしまわないように、計画的に思い出させる工夫がされていますので、くりかえすことができ、知らず知らずのうちにたくさんの「英単語」を自分のものにすることができます。
これを出国する日まで継続的にやりとげれば、留学したときも教科書が読め、授業が理解でき、大学で学ぶ科目を理解する十分な準備ができているでしょう。
 

TOEFL®3800英単語(旺文社)
私達は、使っています。

 
TOEFL各セクションで高得点を取るためには、問題形式とストラテジーの知識に加え、読解力、語彙力、背景知識が欠かせません。これらの力を養うためにも、TOEFL英単語を『 映像レベル 』しっかり理解してください。
TOEFL3800英単語テストリーディング問題270 』を使って、 リーディング問題の設問パターン習得もさることながら、語彙力増強に重点を置いた学習をしてください。
 

  1. 意味のわからない単語に印をつけておく。
  2. 分らなかった単語リストをノートに書き出す
  3. 英単語は意味だけ出なく、写真や映像などで「リアリティ」を入れてください。

 
正しい勉強法を使えば、1週間で1000単語がしっかり頭に修まります!

絶対に不可欠な TOEFL®の学術系/専門英単語

TOEFLリーディングには、ヴォキャブラリーの増強は不可欠です。まず圧倒的な語彙力がなと専門分野をたくさん扱ったTOEFLリーディングを読みこなすことはできません。また最終的にはスコアが上げ止まります。TOEFLの英単語は、普通の英会話で使われているような単語ではなく、学術的なアカデミックの英単語ばかり。まず、TOEFL学習を効率的に進めるためにも、まず、語彙は「TOEFL専門の特別な英単語」をとことん増やしいってください。
 
TOEFLは、大学などの高等教育機関で学ぶために必要な英語力を測るテストです。つまり、日本の大学入試で課される英語科目ではなく、能力試験として位置づけされています。TOEFLの内容は、学術的なアカデミックなものであるため、各分野の知識が不足していると、スコアの出方が大幅に変わるのです。自分に馴染みのない分野こそ、英文で触れる回数を増やし情報を入れていると解答力につながります。
 


 

TOEFLR勉強会の「英単語」に対する取り組み≫

1.大学・大学院に必要とされる「英単語」を効率的にマスターできる!
TOEFL、読む・聞く・話す・書くの全てのセクションで、長文を素早く読み、その内容を正確に理解しなければなりません。勉強会では、英単語を効果的に学ぶために、「英単語そのものを理解していく方法」を重点的にアドバイスしています。そのため、ここでやり遂げれば、ムダがなく効率的な英語力アップを図ることができます。
 
2.何度も繰り返して練習できるように勉強会は計画しているので、確実に語彙力が付く!
TOEFL勉強会では、あやもすればほったらかしにしてしまいそうな英単語のメンテナンスを丁寧にサポートしています。同じことばを何度も繰り返して接することにより、あなたはムリなく自然に「英単語」を覚えることができます。
 


 

誤解語

TOEFL学習が難しくなる要因の1番が、誤解語。
TOEFL勉強会より」受験者さんがTOEFLが難しくなってしまう一つの理由は、分野別の現実性(リアリティ)がないことです。リアリティは辞書で定義を引いただけでは分かりません。TOEFL勉強会では、各セクションごとのイメージ化を助ける上での映像化を義務付けています。読んでいても「 現実性の低い読み込みは意味を成しません」から、しっかりと「映像や写真」による視覚的な理解を外さないようにしましょう!
 

TOEFL英単語 】

・日本語でも意味の分からない英単語は、覚えてもなんの効果もありません!
・手間暇が、すごーーーーーーーーーーーーっくかかりますが、
TOEFLスコア出ない人の特徴は、英単語に誠実でなかったことに起因します。
 
 
合格者が進めるTOEFL®ボキャブラリーの学習法。
TOEFL® Vocabulary Study Method
 


 

先輩から学ぶTOEFL®ヴォキャブラリー学習 (No.1)

ヴォキャブラリー力で、リーディング6→26点↑

英単語が覚えられてようやくTOEFLにアプローチできますので、ボキャブラリーの徹底は第一条件だです。 私は、単語カードを使って「毎日触れる」ことを意識して長期記憶に入れようと努力しました。
 
リーディング(6点→26点)は、単語を知っていないと、太刀打ちできません。 まずは3800で、ランク1,2,3、を完璧100%覚えることを強く勧めます。 しかし、それだけでは足りません。 TOEFL®は専門的な分野が扱われるため、学術系の各分野についての背景知識が必要です。 詳しすぎなくてもかまいませんので、特にTOEFL®で頻出の自然科学系の分野、生物学、天体、アメリカの歴史、(他にもありますが)の背景知識をつけておくと良いです。
 
私は専門的な文章がどういても理解できずに悩みました。リーディング練習の段階では、TOEFL® iBTよりも少し簡単なITPの問題を分野別に解きました。そして、同じ問題を何度も何度も解きました。そうすることによって、その分野にしっかり慣れていくことができます。背景知識も英文でそのまま入ってきて、次にその分野の問題にあたったときも、焦らずにすみます。内容は違っても、共通している部分はたくさんあるので、分野別をこなしていく必要がありますので、ヴォキャブラリーはとことん極めてください!(富樫まいこさん合格体験記より)
 


 

先輩から学ぶTOEFL®ヴォキャブラリー学習 (No.2) 

全ての卒業生の方もこのボキャブラリーの重要性を言われていますが、本当に、ボキャブラリーは早い段階で完璧にしてください。私が長期化してしまった要因は、このボキャブラリーの完成度が不安定だったからです。97%覚えているんです。でもその残りの3%で1点、2点が変わります。私はそこに泣きました。
 
結局リーディングで頭打ちしてしまい、20点以上が取れなくなります。ささきさんに教わったように、イラストを描いて覚えたり、画像とつなげてイメージしたり、それでも覚えきれない単語は紙に書き写し、常にポケットにしのばせていて、仕事の移動中やトイレでも確認していました。勉強会の単語テストのスピードで完璧を目指してください。TOEFLは単語に始まり、単語で決まる!!
 


 

先輩から学ぶTOEFL®ヴォキャブラリー学習 (No.2)

ヴォキャブラリー力で、リーディング6→29点↑

当然、最初のランク1~3までを覚えるのに相当苦戦しました。 この時期は本当ーーーに時間がかかりました。ただし、これだけは【 断言 】しておきます! ボキャを制さずしてTOEFL®リーディングの攻略はないといって間違いありません!!!! 実体験に基づいてお話しますと、完璧100%に覚えたつもりの英単語も、3か月後にはその力が半分くらいに目減りしていました!
 
英単語をほったらかしにしていると、結果はスコアにすぐに反映してきます。ショックを受けてから、毎朝必ず出勤前には単語帳と向き合いました。 苦手なことと向き合うのは、大変かと思いますが、集中して力を注ぐことはスコアアップに必ずつながりますよ。私は絶望のリーディング6点から、29点ほぼ満点近くまで上げることに成功しました。ヴォキャブラリー力、つまり、英単語の強化のお陰です!(社会人 くみさんの合格体験記より)