TOEFL®とは

TOEFLとは、どんな試験なんだろう?!
 

TOEFLは、どんな試験ですか?

TOEFLは、「Test of English as a foreign Language」の略のことで、
英語を母国語としない人々のための英語能力測定テストです。
( 米国の非営利団体ETS(Educational Testing Service)が開発しているテストですよ。)
 ▶ TOEFLは、英語を母国語としない人の英語能力テスト
 
 
 

TOEFLの特徴

  • 英語圏を中心に大学などの高等教育機関が入学の判定などで使用しており、世界で最も広く受け入れられている英語能力試験です。(130か国以上で実施され、世界ではTOEICよりも有名なんですね!)
  • 日本でも外務省が、2016年より入省する職員にTOEFL100点以上の獲得を目標に課すことを決めました。
 ▶英語圏の大学が入学判定で利用しているテストとして知られている。
 
 
 

TOEFLの概要

・TOEFL iBTは、「読む、聞く、話す、書く」の4技能をそれぞれ0~30点でスコアし、120点満点で英語力を測るテストです。
受験料225ドル
 
≪TOEFLで課される4技能≫
  • リーディング(Reading Comprehension:読解)
  • リスニング(Listening Comprehension:聞き取り)
  • スピーキング(Speaking Expression:会話表現)
  • ライティング(Test of Written English:エッセー英作)
▶ 4技能 「読む、聞く、書く、話す」の処理能力を問う英語試験です。
 
 
 

TOEFLの難易度

TOEFLでは、非常に難解な学術的な内容を扱っており、
その難しさは、TOEICやIELTSの非ではありません。
たとえるなら、英語史上最も難しい、
世界最強の「 超・巨大モンスター級の英語試験 」です。
そのため、特別な対策が必要です。
 
 

 TOEFLのパンフレット

 
 
まずは「TOEFLって何?」をテスト開発機関の視点からから知るのはいかがですか?
 
 
(こんなことが書かれています。)
  • 1. TOEFLR テスト
    2. TOEFL iBTR テスト申込・支払方法
    3. TOEFL iBTR テスト受験
    4. TOEFL iBTR テストスコア
    5. TOEFL iBTR テスト教材のご案内
    6. TOEFL iBTR テスト受験者のための参考リンク先一覧
    7. TOEFLR テスト日本事務局Webサイト
    8. その他の有益な情報
    9. TOEFL iBTR テストに関する問合わせ先
    (参照:cieej)
 
■テスト日程
https://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/schedule.html
 
■受験会場リスト(東京)
http://ac.prometric-jp.com/shared/schedu/toefl_tokyo.html
 
TOEFL受験情報はESTサイト▶▶
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 TOEFL対策のアウトライン

 基本ラインにしたがって勉強を始めるだけでも、ずいぶん状況はかわります。

 

 ----------
1.受験して実力を計る。
2.英単語を補強する。
3.英文法を補強する
---------- 

 

1.受験して実力を計る。

≪オススメのテキスト≫
TOEFL受験情報はESTサイト▶▶
お金を節約するなら
TOEFLの模擬テストがオススメ
TOEFL受験情報はESTサイト▶▶
 
 
 
 
 

2.英単語を補強する。

 

≪このテキストがオススメ≫

TOEFL英単語・ボキャブラリー対策
TOEFL英単語が何回なのは「学術的な専門用語」を扱っているからです。
英単語の数が少ないとそれだけ英文を読むことも、英語を聞き取ることもできません。あなたの理解を助ける【特別な英単語】たちです。しっかりと理解して覚えてください!

▶≪絶対スコアが上がる「 TOEFL勉強会」の英単語帳≫ 欲しい方は、勉強会の参加者には無料で差し上げてます♪
 
 
 

3.英文法を理解する

 

▶≪驚くほど英文法が理解できる「TOEFL勉強会の文法書」≫欲しい方は、勉強会の参加者には無料で差し上げてますよ♪

 
 
 

 
 
 
 

前期が済んだら、次は後期。ただし!前期の基礎学力がしっかり収まっていないと、非効率な学習を進めることになり全く実力になっていないということが起こります。気を付けて!
 
 ----------
  • 4.TOEFLリーディング対策
  • 5.TOEFLリスニング対策
  • 6.TOEFLスピーキング対策
  • 7.TOEFLライティング対策
---------- 

 

4.TOEFLリーディング対策

≪インプット系|覚える, 理解する作業が必要な科目≫

≪オススメのテキスト≫
英文が読めないのではなく、専門的な知識がないと理解できないということが壁になっています。
 
+≪TOEFLテキストランキング1位を取ったテキストですが、廃盤になったためAmazon.comでも希少価値の逸品ですが、「TOEFL勉強会」がこっそり教えます。≫
▶ 廃盤になっている逸品のため、テキストの名前が知りたい方は、勉強会の監督者に聞いてください。
 
 
 
 
 

5.TOEFLリスニング対策

≪インプット系|覚える, 理解する作業が必要な科目≫

≪このテキストがオススメ≫

1.リーディングができてから→リスニング。
なぜなら、リスニングで扱ってい物は、リーディングの内容であるため、読んでも分からないものは、聞いても分からないといったことが起こるため、まずは、読めるようになってから、聞く練習をすると無理がありません。
2.まずは、短文で練習
3.海外の大学生活について知ると効果的です!なぜなら、リスニングの内容が「学生寮での生活」「図書館の使い方」「大学での教授とのやりとり」を扱っているため大学生活を知っているだけでも、リスニングスコアが変わるからです!
≪このテキストがオススメ≫
 
 
 

6.TOEFLスピーキング対策

≪アウトプット系|演習練習を必要とする科目≫

 
A.ネイティブと英会話する必要あり。ひとり英会話より、
B.スピーキング対策するなら、基本的な英語構文を何点も持っておくこと!
 
 
 

7.TOEFLライティング対策

≪アウトプット系|演習練習を必要とする科目≫

 
A.ネイティブに見てもらうこと。書く練習はかきっぱで終わってはNG
B.よい英文、サンプルに触れておくこと
C.英作文の練習と言うよりも「論理(ロジック)」を測るテストです。