HOME | (9)TOEFLR勉強会の合格体験記 |  * 鈴木みなみ|合格体験記 48→70点   ( TOEFL®勉強会 )

【 将来の夢 】翻訳家として博物館で働き、外国人に伝える仕事をする。自分の知識を伝えてその人の力になれるようにする。
 


【 勉強会の仲間にメッセージ】
今まで生きてきた中で一番ステキな方々に出会うことが出来て私は幸せです。ありがとうございました。くじけそうになったことは本当に何度もあってその度に泣きました。でもすぐそばにある勉強会には同じ環境で真剣に頑張っている人が沢山いて、励ましてくれた仲間が名古屋、東京、関西にいました。離れていても毎日の声掛けのお陰か、東京や関西に行って初めてお会いすることが楽しみになりました。
 
特に智さんとは一番長くいました。朝は5時に共に起きて、勉強会が午前で終わったあともカフェをはしごし、夜まで一緒に勉強しました。勉強法を教えて頂いたり、TOEFLの情報を共有しあったり、励まし合ったり(励まされることの方が多かったです)、智さん自身の勉強があるのにも関わらず相談に乗って頂き沢山のアドバイスをもらいました。年が離れていても仲良くしてくださって、名古屋勉強会を一番に引っ張って行ってくださった智さん、本当にありがとうございました。大好きです。
 
あゆみさんから沢山のことを学びました。スピーキングのスキルは勿論、どうやってこれからを生きていくのか学びました。あゆみさんは環境を自分の好きなようにするのは難しい、それなら自分の好きな環境に行けばいいっと仰っていました。勉強会という環境もそうだなと思いました。こんなステキな環境を自分の周り(大学の友達、家族)で作るのが難しいなら、自分が求めている環境(勉強会)に行くだけです。自分の好きなところに行く、これで人は成長するのですね。あと「この世にできないことはない!できる!」です。試験前に私が自信を無くしていた時にかけて頂いた言葉です。その時からポジティブになりました。行動するようになりました。あゆみさんはずっと向上心があって勉強されています。私も向上心を忘れないでいます。あゆみさんの存在は今もこれからもとても大きいです。出会えて本当に良かったです。ありがとうございました!
 
【地方の勉強会の方へ】
皆さんは佐々木さんに会う回数が少ない分、佐々木さんに対して不安に思うことも多いでしょう。私もそうでした。でも直接佐々木さんとお会いすると不思議とその不安は晴れ、また頑張ろうと思うことが出来ます。不安になったときは騙されたと思って佐々木さんに会いに行ってください。きっとまた頑張れます。そして佐々木さんからお叱りをうけることもあると思います。私もそうでした笑。でもよく考えてみると佐々木さんは私の目標に真剣に向き合ってくれていました。私の目標がどうでも良い人なら、褒め続けて勉強会にいる期間を長引かせるお金目的の人です。佐々木さんは違います。ずっと真剣でした。私はこのことに気づいたとき自分って小さいなと思いました。でもそこからまた頑張れば良いのです!気づいたときからスタートです。応援しています。
 


【 わたしのTOEFL勉強会時代 】
人生の中で一番に人に頼りました。私はあまり人を頼ることが上手に出来なくて、何でも一人で熟そうとしていました。でもそれだと自分の世界で一人でもがいていて苦しいだけでした。私は勉強会に入り「頼る」ことを身に着けたと思っています。むしろ頼らなければこのTOEFLは乗り越えられなかったと思います。勉強法を聞いたり、一緒に残って勉強してもらったり、文法を聞いたり、大学での自分の役割を代行してもらったりしました。支え合うことは大事です。
 
勉強をしていなかった頃の自分も今勉強している自分も全部じぶんです。今までの自分が今の自分であってそれはこれからいくらでも良い方向に変えていけることに気が付きました。そして選択肢は一つでないこと。型にはまった生き方をしなくてよいこと。私は勉強会を通じ、高校卒業→働く→大学入学という人に出会いました。とても明るい方でそうやって生きるのも出来るんだと、何だか気が楽になりました。大学を卒業しても必ずしも就職をしなければならないでいいということをこれから頭に入れて進路を考えていきます。
 
最後に諦めないこと。私は70点を取った三日前に模試受けました。結果は58点でした。正直落胆しました。もう留学行けないかもしれないと思いましたが、あゆみさんがリーディングを一緒に解析してくれたり、「暗かったら受からないよ!明るく自分の伝えたいことをガツッと伝えておいで」と言われました。気持ちを立て直して試験を受けることが出来ました。私は最後まで諦めない大切さを学びました。どんな不利な状況でもラッキーなことだってあるかもしれないんだから希望はずっと持っていたいです。そして明るくGOです!!


【 これからTOEFLを始めようとしている人へメッセージ】
勉強会で頑張ろうとしている皆さん!大丈夫です。あんなにへっぽこだった私が出来たのです。最初はきっと勉強時間作りに苦労されることと思います。私も先輩方がなんで平日に4時間勉強出来るのか不思議でした。でも平日4時間は絶対出来ます。(特に学生さん!)私は朝5時に起きて1時間、電車の移動で2時間、大学の業後に3時間、空き時間に15分、これで6時間は勉強出来ます。友達と電車で帰るときは「勉強しよう!」と言って巻き込みました。無言で黙々とやっていました。休み時間は単語テストをしました。私は時間無いと言っていましたが、時間は作るものだと佐々木さんが仰っていました。その通りです。時間は作れます。応援しています!何かあれば連絡をくださいね。


【 インタビュー】
【Q】初めて勉強会に参加した時はどうでしたか。
名古屋のメンバーの方々があの難しい単語だらけのテストを空きを作らず解いていたことです。一問ミスで佐々木さんに「それじゃ点取れないぞ」と言われているのをみて、心の中で「えー!!十分すごいのに!」と叫んでいました。名古屋の皆さん、すごく雰囲気が良くてこの環境で勉強が出来るようになるのがワクワクしました。
 
【Q】TOEFL勉強会を選んだ理由は何ですか?
勉強会が大好きだったからだと思います。勉強会のメンバーは自分の未来に真剣でその中で、mixiで日々を報告し合い、LINEで励ましたりするのも大好きです。あと私が目標が出来た時mixiで報告したら、次の日のLINEで皆さんが「いいね!」「がんばって!」と声をかけてくださいました。すごく嬉しかったです。勉強会の皆さんはすごく応援してくれます!そして良い情報を隠すことなく教えてくださいます。そして勉強会には学生、社会人さんなど色々な人が目標を持って共通のTOEFLという勉強をしているのがとても面白いと思いました!違う大学の学生さんのお話や社会人さんのお仕事を知るのがとても楽しみでした。とっても大好きな環境です。
 
【Q】スコア達成を確認した時の様子、教えて下さい。
スコアを確認するのが怖くて、スマホを遠くから近づけていく作戦をしました。スコアを見たときは信じられなくて震えが止まりませんでした。スコアを確認したのが朝5時頃だったのですが嬉しくてインフルエンザで寝込む母にも報告しました。(すみません)そして正式に交換留学が決まったという報告を大学から頂いたあと、すぐにお世話になった人全員に報告しました。私は高校も大学も第一志望に合格したことが無く、泣いて家族や友達先生に報告した悲しい思い出しかなかったのですが、人生で初めて合格報告が出来たことがすごく嬉しかったです。合格報告ってこんなに気持ちの良いものなんだと知ることが出来ました。
 
【Q】達成した今言える、「凹んでいた過去のあの時の自分」に声をかけるとしたら、何と声をかけますか。
模試で連続して点数が落ちて行ってもうきついな、苦しいなと思ったときがあったよね。これからそんなときが来たら、一人でいないでぜひ誰かに相談して欲しい。出来れば同じ道を通った経験者と話してね。その人はあなたの困難を知っていって乗り越えた人だから、きっと一番聞きたいアドバイスが聞ける。20歳の私は智さん、ちひろさんによくお話聞いていたよ。そして継続してほしい。どんなに模試の結果が悪くても大丈夫。これからの沢山伸びしろがある証拠だよ。一回外向してみるのも良いかも!
 
【Q】TOEFL勉強会機関に起こった出来事・ストーリー
スピーキング、ライティングの費用の為に節約していました。その名も「おにぎり一個生活」!私はよく名古屋駅のカフェで勉強していましたが、なんせお昼が高い!なのでおにぎりを持参していました。(智さんには“おにぎり娘”と命名して頂きました笑)そして私はおにぎり二個食べるとその後眠たくなるので一個にしていました。どこでも食べることが出来て(そば屋さんの前のベンチとか電車の来る待ち時間とか!)、すぐ勉強や外向が出来るのでおすすめです!
 
【Q】勉強会での忘れられない言葉。
私が模試が立て続けに結果が悪く、元気がなかった時佐々木さんの前で泣いてしまったことがあります。お話して帰ったあとラインで、
「いろいろあるけどみんな通った道! 頑張るしかない!」
と言って頂きました。合格体験記でどんなにすごい偉業を成し遂げられている先輩も、私と同じで先輩すごい!っと憧れていた時期があって、同じ環境で苦しい思いをしていたと考えたら、もう一度頑張ろうと思うことが出来ました。
 
「今よりも前の方が輝いていた…それって悲しくない?」私が70点取って留学の合否がわからず、これからの目標も見えずウジウジしていたときにかけて頂いた言葉です。一番最初の48点だったころの方が「がんばるぞー!」とキラキラしていました。今は目標となる職業が出来、これからも英語を勉強し続けます。「今が一番ワクワクしている!」と言っている人は魅力的ですもんね(*^?^*)
 
【Q】大切な10年後の自分にメッセージ!
30歳ですか!最近できた目標「他人に元気と力を与える」は出来ていますか?私は今翻訳家として働きたいと思っていますが、どのような形にせよこの目標は叶えてください。20歳の私は勉強を教えてもらったり、送り迎えをしてもらったり、おこづかいを貰ったりと与えられまくっています。どうか人に与えられる人になって欲しいです。そしてお世話になった同志をいつまでも忘れないでください。
 


【 目標達成までの期間】 2017年6月 ~ 2018年2月
【 平日の学習時間】6時間
【 休みの学習時間】10時間
【 一番勉強した時間】16時間
【 今までの最小スコア 】48点
【 目標達成/最高スコア 】70点
【 過去のスコア変遷 】
( 2017/06/25 ) R11, L13, S13, W11, total 48
( 2017/07/29 ) R14, L18, S11, W12, total 55
( 2017/12/09 ) R17, L14, S15, W17, total 63
( 2018/01/06 ) R17, L15, S17, W21, total 70
 
■[ ヴォキャブラリー ]
私は単語と出会う回数を増やしました。家中に100円ショップで買った正方形の付箋に単語を書き、階段や洗面所などに貼りました。あとは単語カードを使いました。mixiは一番活用しました。間違えた単語と初めて出会った単語を載せていました。画像を調べて投稿するのが楽しかったです。後から見直せるので本当におすすめです。あと一番効果的だったのは毎日の単語テストです。試験前は3枚ずつやりました。テストしてわからないものを見つけ出すのが単語マスターの近道です。
  
■[ リーディング ] 11点 → 17点
やり方はすべてちひろさんに教えて頂きました。私が特に時間をかけたのが文法解析とリアリティ入れです。文法解析は時間がかかります。なぜならTOEFLは関係詞だらけだからです。私はどうやったらこの訳になるのかわからないことが多かったので大学の先生や友達に聞いていました。そしてリアリティ入れ、とっても重要です!私はmixiの「リーディングのリアリティ化」というところにまとめたものを上げていました。まとめることは難しかったのですが、やっぱり残るものだし勉強会の皆さんにも見てもらうからしっかり書き上げようと頑張りました。見返すのがとても楽しいです。天文学のリーディングがわからなすぎて理系の人に聞きたいと思い名古屋大学へ行ったことがあります。たまたま知り合い会い教えて頂くことが出来ました。良いリアリティ入れになりました。
 
■[ リスニング ] 13点 → 18点
ディクテーションです。リスニング600の一週目私はパソコンでタイプするディクテーションをして二週目は紙に書きました。聞き取れなかったもの(私の場合it, the, a ,an)などが一瞬でわかります。そこを重点的にシャドーウィングしましょう。
 
■[ スピーキング ] 11点 → 17点
・瞬間英作文…一番重要だと思っています。TOEFLのReadingと比べてすっごく簡単な英文ですが、すっごく役に立ちます!SpeakingはもちろんWritingでも私は瞬間英作文の文法をかなり使いました。名古屋で勉強会があったときに私はちひろさんと翔之助さんの瞬間で答えている姿に圧倒されました。瞬間で言えなければSpeakingで使えることはできません。その日から瞬間英作文を気合いを入れてやるようにしました。あと瞬間英作文に載っている英作文も文法解析してください。そうするとWritingで自然に英文が出てくるようになります。
 
・あゆみさんとのlesson…あゆみさんとのETSの公式問題集のSpeakingパートを練習しました。私は同じ問題集を3周させてもらいました。1周目…私はTOEFL Speakingがどうやって話していくのか全くわからなかったので、演習を通じて文の作り方を学びました。復習方法は学んだこと全てノートに書きました。自分の回答とあゆみさんのアドバイスは勿論、私は問題文とその下の短いリーディングを読み間違えることが多かったのでそれらも全て書きました。復習がし易いのでおすすめです。2・3周目???アドバイスされたことを理解して、自分で作った英文を単語を見て言えるようにしました。
 
■[ ライティング ] 11点 → 21点
なほさんに見て頂きました。Writingを書いて添削されたものが返って来たら見直して、アドバイス通りもう一度書いてみて再提出していました。書き直したものでどのくらいの点数になるのかも教えて頂けるので大変参考になりました。
 
[ 試験一週間前/また前日のスケジュール等 ]
新しいことをやるのをやめました。模試のリーディング、リスニングをもう一度見直してみたり(私は前日に模試のリーディングを復習しました。そのトピックが「火山」の話しだったのですが、本番のリスニングで同じトピックでした!)、ライティング、スピーキングもレッスンで学んだことを復習しました。
 
[ 試験中 ]
緊張しいなので、落ち着くために各セクションごとの残り時間は全て休憩するようにしていました。
 
[ 失敗体験談 ]
リーディング270の一回目の解析が甘かったせいで二回目で満点を取ることができなかったことです。これは単なる「解析、音読不足」です。私はこれではいけないと思い、ちひろさんに解析方法と音読の仕方をラインで聞きました。ちひろさんは東京メンバーの方ですが、名古屋メンバーの私にとても優しく丁寧に教えてくださいました。勉強会の人は他人のことも思いやれる方ばかりなので、ぜひ頼ってみてください。
 
あと勉強会のホームページはこれから勉強していく皆さんにとって良い教科書となるでしょう。私は最初あまり活用しておらずミスを繰り返しましたが、あのホームページには沢山のヒントが載っています。私も何度も見返しました。おすすめです。
 


【 監督者】
佐々木さんとは名古屋の金時計で初めてお会いしました。お会いする前に佐々木さんと電話でお話をしたのですが、すごいかっこ良くて私の好みの声の人だなと思ったのが第一印象です。現実の世界でお会いした佐々木さんはすごくフレンドリーで私の家族について沢山聞かれました。そして今の勉強会のグループラインを見せて頂き、「10時間勉強します!」と仰っている勉強会の人たちが沢山いて世の中には日曜日なのにそんなにも勉強している人がいるのを知って驚いたのを覚えています。そして佐々木さんは名古屋にも詳しいです。愛知県民の私よりも栄駅でどの出口から出たらいいのか知っていました。なんだかすごい人なのかなと思いました。でも初対面のわりに不思議と緊張せずに楽しく話せました。佐々木さんの無邪気さのお陰ですかね。(佐々木さんは歴史が大好きで名古屋に来られた時も歴史の人物名が書かれた宣伝を写真で取られていました笑)
 
佐々木さんは私にとって知らなかったステキな未来を教えてくださった人です。勉強会という環境が無ければ、田舎者の私(私の家の前はコスモス畑)がビルの上のカフェで勉強するなんて思いもつかなかったことです。そして9か月の間に何度も東京(3回)、大阪(3回)へ勉強しに行くことも無かったでしょう。(最近は「今すぐ岐阜に行って留学斡旋会社に行ってきて!」とご指示を頂き行って来ました。)佐々木さんと会うたびに最前線で活躍されている方々に出会ったり、先輩に繋げて頂きました。そのたびに私はこういう世界、選択肢があったのだと感動しました。ありがとうございました。またお会いしたいです。