\TOEFL®対策をする人が、なぜ勉強会を選ぶのかその理由/

私にとって、自分の人生に強烈なインパクトを残したTOEFL勉強会時代です。


米津まさきさん
TOEFL®iBT 49点 → 82点(2ヵ月で達成)

TOEFL勉強会に想うこと

 
短期でスコアを達成できたことに非常に嬉しく感じています。
 
これは佐々木さんを始めとしたメンバーの皆さんに支えられ、
勉強に一心に集中することができたからだと確信しています。
 
 
 
TOEFL勉強会に来た当初、
 
僕の心境はとても複雑なものでした。
 
 
TOEFL勉強会に来る前の僕は、
 
TOEFLという一人で立ち向かうには難しすぎる試験に打ちのめされ
 
心が折れそうになっていました。
 
 
 
大学の交換留学を目指し、
 
一年半ほど前からTOEFLの勉強を始めたものの、
商業高校から推薦入試で大学に入学し、
 
センター試験の英語は7割程度しかなかった僕にとって
TOEFLの試験は予想以上に難しかったのです。
 
 
 
自分がTOEFLと格闘している中、
 
大学の優秀な友達は続々と
交換留学を決めて日本を旅立って行くのです。
 
 
彼らのほとんどが
TOEFLの勉強期間が1ヶ月から半年でした。
 
彼らの大半は大学入試の頃から
英語が大得意だった人です。
 
 
 
僕のように英語が苦手だった人が大学に入ってから、
 
それまで楽しみにしていた学生生活と引き換えに、
受験生のように勉強するなんてことは
 
大半の大学生からしたらありえない話です。
 
 
 
ほとんどの学生は留学に憧れはあるものの、
語学は苦手だからと諦めていました。
 
しかし僕は違うと思い、
高い意識を持って英語の勉強に取り組んでいたものの、
 
一年を過ぎてから思うような結果がでなかったとき、
 
 
TOEFLという試験が僕の夢を閉ざし、
 
君のような能力のない人には留学もできないのだと
暗に伝えられている気さえしました。
 
 
 
 
 
英語という勉強は自分には向いてないんじゃないか、
 
もう能力がないから無理なんじゃないか
 
何度も疑心暗鬼に陥るようになったのです。
 
 
 
そんな時出会ったのがTOEFL勉強会でした。
 
そこには自分と同じようにTOEFLを戦い、
 
高い志で留学を目指す仲間がいたのです。
 
 
 
彼らの姿を見てそれまでの自分の甘さを痛感し、
 
勉強することへの高いモチベーションを
獲得することができたのです。
 
 
また勉強会に所属してからもメンバーの皆さんには
勉強方法やTOEFLに関する情報を丁寧に教えて頂き、
 
一人で勉強していたときよりも
質と効率性を上げて取り組むことができました。
 
 
 
わずか2か月ほどの勉強会でしたが、
たくさんの人に支えられ
自分の夢に向かってひたむきに頑張ることができました。
 
 
 
本気で勉強に取り組んだ二か月は
英語の勉強以上に学ぶものがたくさんありました。
 
 
 
自分とひたむきに向き合い、
 
自分の弱さを痛感し、
 
奮闘する。
 
 
そんな二か月でした。
 
 
 
生きてきた中で最も濃い二か月だったと思います。
 
 
 
勉強会という環境、
 
それを引っ張る佐々木さん、
一緒に頑張るメンバー、
 
全てに感謝したいと思います。
 
本当にありがとうございました。
 
 
 
 
 
 

 
 

わたしのTOEFL勉強会時代

 

「できる理由を探す、できない理由を捨てる」

 
僕にとっては最も印象深い一言です。
 
 
 
ほとんどの人はTOEFLの勉強に飽き、
 
留学を諦めるのだと思います。
 
留学は強制ではないですから。
 
 
 
 
だからほとんどの人がモチベーションを保つのが難しくなって
 
勉強をやめてしまうのです。
 
 
 
本来、留学は
 
自分の好奇心や言語が好きだという
 
純粋な理由がきっかけだったはずです。
 
 
 
それが留学までにいくつかの壁にぶつかったことで、
 
これだから、あれだからと
 
何かと自分とは違うものを言い訳し諦め、
 
自分の中で自己完結するのだと思います。
 
 
 
 
 
負けず嫌いな僕はこんなことで
 
諦めることなんてしたくなかった、
 
でも時には折れそうになるときがあるものです。
 
 
そうしたときはこの言葉を元に、
 
初心に返っていました。
 
 
 
 
 
今の自分の環境、
 
チャンスを俯瞰してみるのです。
 
 
今の自分にどれだけの可能性が残されているのかよく分かります。
 
やらない理由が見つからなくなります。
 
 
 
時間がかかってもいいと思います。
 
諦めずにやり抜いて下さい。
 
 
 
いろんな考え方を学びましたが、
 
その中でも時間に対する意識と時間当たりの質、
 
この二つに対する考え方は大きく変わりました。
 
 
一日24時間、
 
これは皆さんに唯一平等に与えられた資源です。
 
 
 
この時間を自分の行動に
 
どう割り振っていくのかで全てが決まります。
 
 
今まで以上に勉強時間を確保しようとすると、
 
今までの生活の何かに当てていた時間を捨てないといけません。
 
 
勉強以外の物を徹底的に捨てて
 
投資できる最大時間を勉強に投じていく姿勢を学ぶことができました。
 
 
 
 
そしてもう一つが質です。
 
投資した時間で最大のリターンを回収できるように
 
集中力や勉強方法を改善していくことの大切さを学びました。
 
 
 
この二つを意識し続ける事はとてもストレスがいることですが、
 
これができればより短期で目標達成することができると思います。
 
 
 
勉強に取り組むのは自分自身です。
 
 
誰にも強制されませんから、
 
甘えるのも、ほどほどにするのも自分自身です。
 
 
適当にやってできた気になるのも自分自身です。
 
僕はTOEFLの学習を通して、
 
謙虚さと素直さを学びました。
 
 
 
自分に甘えず、
 
現状を受け入れ、
 
改善し、愚直に頑張ることの重要性を学びました。
 
 
 
 
勉強会に来た当初の僕はとても傲慢でした。
 
 
できた気になって教材に取り組んでいることがほとんどでした。
 
 
 
 
だから勉強会に来るまでは
 
教材を一通り取り組んでは他の教材を取り組み、
 
 
また違うものを取り組むという無駄なことをしていたのです。
 
 
 
いつまでたっても自分に合う教材が見つからない等と思っていたのです。
 
 
 
 
それは間違いでした。
 
僕の学ぶ姿勢がダメだったのです。
 
 
 
僕は、
一つの教材が自分の最高の教材になるように、
 
学習するべきなんだと気が付いたのです。
 
 
 
勉強会では一つの教材を何度も取り組み、
 
その教材を完璧に仕上げます。
 
 
 
その過程で自分がいかに適当で、
 
自分に甘いのかがよく理解することができました。
 
 
 
自分の取り組みと真摯に向き合うことで、
 
学ぶ姿勢において欠かせない
 
謙虚さと素直さを学ぶことができました。
 
 
 
 
 

これからTOEFL勉強会でスタートする皆さんへ

 
TOEFL勉強会の魅力は、環境です。
 
それが全てです。
 
 
同じ高い志を持った仲間と全力でサポートして下さる先輩、
 
そして全体の運営を担う佐々木さんの存在です。
 
 
 
 
TOEFLという難しい試験において、
あなたをサポートし手助けしてくれる人が多いほど
 
あなたの勉強はスピードと質を伴って
 
取り組むことができるようになると思います。
 
 
 
それがTOEFL勉強会にはあると思います。
 
 
初めて参加したときの印象はとても
 
緊張感がある環境だと感じました。
 
 
 
勉強会が始まってすぐ、
 
メンバーの皆さんがとてつもなく早いスピードで
 
単語テストをこなしている姿を見て
 
衝撃を受けました。
 
 
 
 
単語テストという何かの競技かと思わせるほど、
 
ハンパないスピードと正確率でした。
 
 
 
しかし直感的に本当に勉強するならここしかないと思いました。
 
 
人一倍やる気があって、
 
一人ではなく同じような志を持った仲間と勉強がしたい人は
 
ぜひ来てみて下さい。
 
 
 
あなたが求めている環境がここにはあると思います。
 
 
まずは行動することから
 
です。