20代の社会人女子の方へ

本当の自分を取りもどして、輝いている自分でいてください。

シンデレラが、11時55分にお城に着いてはいけない理由。
 
留学をしたいと思っている多くの社会人が 「いつか感とかなるだろうと」 何の行動もせず、
突貫工事で英語勉強を初めても太刀打ちできないので途中で挫折することになります。
 

留学準備においての最大の失敗とは「 始めるのが遅すぎた。」と言うものです。

  • 「始めるのが遅すぎた」
  • 「すでに頑張る体力がない」
  • 「仕事が辞められない」
  • 「どうやって勉強すればいいか分からない」
  • 「お金を準備しておかなかった」

 
といった問題が、留学を諦めなければいけないということになり、
 

 「 あの時どんな代償を払ってでも、やっておくべきだった。」

 
と「 後でいいや 」と考えていたことを腹立たしく後悔するようになるのです。
(それからの人生の方が大変です。「 若いころは留学したかった。」「 夢があったのだけど遅すぎて…。」など、飲み会のたびにくどくどと話すハメになるのは避けたいですよね。)
 
 

留学準備は、シンデレラと同じです。

急いで階段を駆け上がり、舞踏会に間に合わなければならないのです。
ぼやぼやしていると、魔法が解けて「 舞踏会にも間に合わず、王子様会うことさえ叶わなかった。」
ということが起きるのです。
 
思い立ったらすぐ目の前にカボチャの馬車が用意されているわけではありません。
普段から準備して自分を高めているからこそ「王子様に出会えるチャンスに巡り合える」のです。
 

 
 

魔法? いいえ。私達はあなたにきっかけを届けたいだけです。

20代でコツコツ自分を高めた人は、明るい人生を迎えています。
今までしっかり鍛えてきたので、その後も新しい挑戦に踏み出せるのです。
逆に、未来への投資を先送りにしていれば、後で困ることになります。

TOEFL®勉強会は、「 遅すぎて間に合わなかった。」という問題が起こる前にキラキラを取り戻すお手伝いをしています。

 

1.お金が節約できる。

今は仮の姿。お金に困っているけれど、人のために頑張りたいというシンデレラを、キャリア育成、奨学金アドバイス、学習支援など、ファイナンスの点で助けます。
 

2.留学がかなえるために、短い期間で英語力が上がり、TOEFL®スコアが出るように支援します。

舞踏会に少しでも間に合うように、「カボチャを馬車にしたり、ネズミを白馬にしたり。笑」あの手この手であなたを舞踏会に間に合わせます。
 

3.必ず王子様の元へ届けます。

シンデレラも一人で王子様の元へたどり着いたのではありません。私達は「 必ず夢を達成してほしい。」という強い想いで、あなたを送り届けます。あなたに必要なのは「 あきらめない気持ち 」と「 自分を高めたいというハート 」です。

 

 
 

 

注意!! 20代の社会人女子へ
TOEFL®を勉強したり、英語力を上げるのに、私達TOEFL®勉強会でなくてもかまいません。
「 後でやる 」と行動を後回しにするのが一番「 危険 」です。
 
行動しないというその姿勢こそが、あなたが希望や夢から遠のく原因です!
 
 

夢破が敗れるより、何も行動しないことの方がリスクです。

行動しないことで、あなたがいじわるお姉さんになっていないですか?
 

1.不平不満を言って行動しない。
2.嫌なことは人のせい。やなことは後回し。
3.王子様と結婚したいと夢見るが、努力していない。

  
シンデレラはかわいかったから、舞踏会に出してもらえたわけではありません。
シンデレラは、どんな時も前向きな気持ちであきらめなかったからこそ、それを応援してくれる魔法使いが現れたのです。
 
魔法使いのおばさんは、豪華な馬車で迎えに来たわけではありません。
そして彼女がシンデレラに与えてくれたものは、

「 舞踏会に出るチャンス 」だけです。

 
 

ここまでしてくれるの

TOEFL®勉強会は、留学を叶えるために、実際に結果を出した先輩たちからサポートを得ることができます。
自分で準備できることは、自分でやることです。
これが、留学を確実にかなえ、準備にかかる費用やコストを最大限に抑えるコツです。
 
「高額な請求がくるのではないか?」「何かを売られるのではないか」「そこにいる人達が変な人だったら逃げよう。笑」
 
などいったことは勉強会では起きません。笑。
安心できる勉強会。
 

私たちは「 自分を高めたい、あきらめない気持ちを持っているあなたを夢の入り口まで送り届けること 」です。

 

 
 

どうして、ここまでしてくれるの

私達もたくさんの心ある先輩に支えられて成長させていただきました。だから、次は私たちがあなたを助ける番です。
 
一番怖いことは、、
あなたが、シンデレラになれなかったよりも、いじわるお姉さんになってしまうことの方が怖いことです。
夢にむかって自分を成長させてこなかった人は、
人の夢を邪魔する 「 いじわるお姉さんになってしまう非常に確率が高い 」のです。
 

 

 

社会人になると途端に…

 
「 本当の友達ができない 」「 新しい出会いが作れない」「 人間関係がどうしても薄い」
 
となることが多いのですが、同じ目標に向かって頑張るからこそ、深い信頼関係が育まれるのです。
TOEFL®勉強会は、自分らしくいられるアットホームな場所です。
 
TOEFL®勉強会を卒業する社会人さんは、 「あと少しだけ勉強会にいたい。」「 卒業したくない。」
 
ここ勉強会は、あなたが魅力的になれる場所です。
 
勉強は自分との闘い!
時には大変な時もあるはず。
でも気持ちが凹みそうな揺れそうな時は、友達や先輩、監督者がしっかり励ましてくれますよ。

 

 

 

社会人女子の生の声
今まで沢山の英語学校・スクールや職場に通いましたが、ここまで「モチベーション」を上げて、そして自分が成長出来るように引っ張っていってくれる環境と出会った事はありません!パーフェクトです。TOEFL®勉強会での話は、ためになるものばかり(^^) 素敵な夢を持った皆さんと勉強する中で英語がもっともっと好きになりました。( 教育業界・女性23歳 )

 
 

満足度5.0: ★ ★ ★ ★ ★

社会人になって、こんなに本気の戦友、心友ができるなんて想像もできませんでした。
Yoriko Fujii  TOEFL41 →81
スコアよりも何よりも、みんなと出会い、共に頑張ったことが、一生の宝物です。仲間の成功で嬉し泣きなんて初めてでした。みんながいなかったら絶対に!絶対に!目標は成し遂げられませんでした。社会人になって、こんなに心からの本気の戦友、心友ができるなんて想像もできませんでした。ずっと励ましてくれて、本当にありがとう。みんなの存在で自分も頑張ろうといつも思えました。卒業した今も変わらず刺激し合えるみんなは本当に誇りです。これからも一生の仲間で!
私はTOEFL®勉強会は勉強会と出会った当初、本当に腐った社会人でした。
「こんな社風だからできない。」
「こんな人は周りにはあまりいない。」
「社会人だから留学なんて」
・・・そのくせに、夢だけはあって、何も行動を起こせず、モヤモヤしたしょうもない社会人でした。それが勉強会では、社会人だろうが、学生だろうが関係なく、みんな本気で夢に向かって努力し、キラキラと未来を語っている姿を見てびっくりしました。そうか、私もやりたいことちゃんとあったんだ、私も素直に夢に向かっていいんだ、と気付かされた瞬間でした。初めて行った東京の勉強会で、先輩が「目標のためにいろんなものを捨てたけど、本当に大切なものだけが残った。」とお話してくださり、すごく印象に残っていますし、今もその言葉を大切にしています。
 
『就職難より恐ろしいのは、夢も目標なく社会に飛びたそうとしていた自分でした!』
 
最初の頃 「仲間がいたから、なんてきれいごとだ!」と言っていた頃の自分と比べると、嘘のように考えが変わっていました。今、考えてもすごく不思議です。

  
 

満足度5.0: ★ ★ ★ ★ ★初めてこの勉強会に来た時の自分は、私じゃなかったと思います(笑) 私の殻をかぶった何者かでした。

Maiko Yoshimoto (オーストラリア国立大学 大学院合格!) TOEFL iBT59 →97
 
初めてこの勉強会に来た時の自分は私じゃなかったと思います(笑) 私の殻をかぶった何者かでした。 学生の時は将来の方向性をぼんやりとでも持っていたはずなのに、社会人になって日々の様々なことに忙殺される中で、いつの間にか、かつてはあったはずの志をすっかり失っていました。 ですが、勉強を通じて自分に直面していく中で、色んなことを思い出し、本来の自分自身を完全に取り戻すことが出来たと思います。 それがスコアよりももっともっと果てしなく大きな収穫です。
 
人生において、誰か特定の人たちとこれほどまで濃密なコミュニケーションを取ったことはなかったです。社会人になると、超仲良しの大親友ですら、毎日会うとかないですから!!出会って数ヶ月しか経ってないのに皆はもうすでに私の一部です。皆がいないと生きていけません(笑)!!皆すごい私のことを慕ってくれて、頼ってくれて、愛してくれて(爆)、本当に嬉しかった。

 
 
 

満足度5.0: ★ ★ ★ ★ ★

『恥ずかしがらず、もっと早く相談すれば良かった』勉強会来る前は日曜の夜は、確実におうちで休息の日でした。サザエさん見たらナーバスになるのが社会人の鉄則ですから。笑
Kumi (出版社 →イギリス大学院合格) TOEFL49 →92
勉強会来る前は日曜の夜は確実におうちで休息の日でした。 サザエさん見たらナーバスになるのが社会人の鉄則ですから。笑 夜12時までに寝なかったら次の一週間は仕事にならないと思ってました。 が、ここに来てから一転、日曜の夜が一週間のうちでの一大イベントとなりました。 12時過ぎに家についても朝7時半には会社に向かうことはできます。 一週間仕事を続けることもできます。
 
何が言いたいかというと、できないと思っていたことは できないのではなく、やらない、だったと言うことです。 最終的には私は退職という道を選んだのですが、 サラリーマンとして限界を決めずに取り組んだことが、後々までいい効果をもたらしたと思っています。 ちなみに、私TVドラマが大好きなんですけど、気づいたら家からテレビはなくなっていました。 テレビはいつでも見られますから、勇気を持って手放すのも一つの手です。 仕事と勉強を両立する中で自分の価値観がどんどん整理されていくのは非常に面白かったです。 ただ、そうやって変わっていく自分の中にも変わらない部分があって、根本と向き合うこともできたのでよかったです。
 
今は1週間も顔を見ていないと奇妙な気持ちになるほどです。そのくらい、仲間に助けられているんだなぁと感じられたことは本当に大きな発見です。日曜の夜、地下鉄に乗るのが楽しみになる日が来るとは全く思ってもみませんでした。みなさんに感謝します。

 
 
 

満足度5.0: ★ ★ ★ ★ ★

『私は以前ほかの学校に行っていたことがあります。TOEFLを志高いもののとしてとらえたい人には、まずここをオススメします。』
Satomi Iida (国家公務員/農林水産省) TOEFL iBT→82
 
こんなに励ましあうことになるなんて、最初は思ってもみませんでした。でも、今思えば、励ましあうことがなければこうしてスコアを達成することはできなかったです。毎日、朝の仕事前に早起きして勉強するって、最初は良くてもやっぱ続けるのは難しいです。休日は休日で、勉強時間が長くとれるわけですが、それでもなかなか長時間やるのは大変でした。それができたのは、自分の身近な存在で、頑張っている人がいることを身に染みて感じていられたからです。本当に自分が辛かったときに、それをくみ取ってメッセージをくれた仲間がいたこと、今でもその瞬間を鮮明に思い出せます。スコアをとったことはもちろん自分の中で大きな進歩ですし凄くうれしかったですが、もっと別の部分で成長できたと感じること、そして、自分がスコアをとったことをメンバーがとても喜んでくれたことのほうが遥かにうれしかったです。この感謝の気持ちをどう伝えてよいかわからないくらいです。ありがとうございました。
 
私は以前ほかの学校に行っていたことがあります。ただ、TOEFLをもっと大きなものとしてとらえたい方には、まずここをオススメします。初めて参加したとき、とにかく「?」でいっぱいでした。あれ、TOEFL勉強しに来たんじゃなかったっけ…って。後で気づくんですが、そこではTOEFLのために本当に必要なことを学んでいたんです。それに、周りの人に雰囲気で圧倒されます。でも、勉強会にいるうちに、自分もいつの間にかその雰囲気を持ってるんでしょうね。

 
 

 

 

あ、できるかも?

いつか留学したいと思っておられる社会人女子へお知らせがあります。
もう「 わたしになんて海外留学なんて夢!?」なんて、言わせません。
本来の「やりたいこと」や「叶えたい気持ち」を取り戻せば、
あとは、正しいやり方で自分を磨くだけです!
 
ここに来た人は、はじめは「自分ができるの?」と思っていましたが、
初参加した社会人女子の90%が、「 勉強会でスコアを出したい!」と言いました。 
 
最後は、キラキラした人生を取り戻しています。あなたに必要なのは、進みだす勇気です!
 

▼なんとなく申し込んでみる▼