HOME > 【 TOEFL®研究室 】           > 【L】 リスニング|TOEFL®勉強方法   (TOEFL®リスニング|学習方法)



.


1.圧倒的な単語力!ヴォキャブラリーこそTOEFL力

純日本人にとって、下準備がないままリスニング練習をしても、効果・パフォーマンスが低くなってしまいます。リスニングを効果的に始められるように気を付けたい必要ポイントを上げています。

2.理解度100%の 文法・構文力

『語彙力』+『文法力/構文力』この2点が弱いとTOEFLに向けたリスニング力を要請するのは、かなり難しくなります。リスニングが13~15点以上にならないケースは、だいたいこの2つのいずれかの問題を抱えています。

3.学術系・アカデミック内容の理解

TOEFLは実践重視の能力試験です。日本の大学入試のように、「入学試験としての英語」としての認識を越えられない場合、リスニング練習の聞き込みが非常に浅くなります。英語力は、実際の海外での大学現場で使えてナンボのしろものです。【緊張感を持って】常に『海外留学をいつもイメージして取り組み練習できるかがどうか』、『前のめりの意欲的なリスニング姿勢』が、かなり重要です。

.
.

1.視点学習

リスニングは、同じ教材を何度も使って基礎基本から本当の実力になる英語力を要請してきます。そのためには、【徹底してひとつのものを何度もやりこむこと】です。そして、その際、同じ教材を何度も使うのですが、行うっているときは、【いま、何を身に着けようとしている作業なのか】を徹底して意識することです。以上の点を、絶対に守ってほしいのですが。。そこでカギになるのが【根気良さ】です。同じものを何度も繰り返すと飽きがでてしまい投げたくなる気持ちもわいてくるかもしれませんが、ぜひ、ここを乗り越えてください。【多くの受験者が挫折する理由は、この点が最大の原因】です。

2.絶対音読

発話練習の力は絶大です。つまり、あなた口で英語練習しないとTOEFLリスニングのスコアは絶対に動かないのです。英語を声にして読むことには、インプットとアウトプットの両面で利点があり、成果と効果は絶大です。気を付けるべきポイントをまとめました。カギになる部分をしっかり意識して行えば、発話練習の効果は、最強です。

1.発話する英文は、文法、構文、語彙のすべての面で分析・解析され、理解されたものを徹底して読み込む。
2.同じ英文の音読回数が増えるにつれて、学習視点も上げていく。
3.音が理解できているととても良い。

3.段から心がけるリスニング・ポイント

英単語を覚える時は、【意味】+【発音・アクセント】を一緒に覚えましょう。日本語と英語での発音の仕方が違う場合、聞き取った英文の理解ができなくなることがあります。普段の対策として、いつも【 正確な発音・アクセント】を心がけて、英文を音読しながら学習する習慣にしておきましょう。(発音への意識)

.
.

( スコア別に見る, 学習者の傾向と対策 )
➡ リスニング: 14, 15, 16 点
■【傾向】このレベルの人は、英文全体が聞き取れていなません。つまり、内容全体を理解するリスニング力を養成する必要があります。

■【対策】英語を聞く量を増やすだけでも変化が現れる段階ですので、普段から英語に触れる機会を増やすように意識してください。実はこのレベルの人は、リーディングでもスコアが取れていないはず。徹底したヴォキャブラリーの増強と学術的な専門分野の知識も増やしてください。リーディングでも、リスニングでも分からない英単語が出てきたら、すぐに意味を覚えるようにとことんこだわることが、スコアアップのカギです。

( スコア別に見る, 学習者の傾向と対策 )
➡ リスニング: 17, 18, 19 点
■【傾向】馴染みのない分野が出てきたトタンに、急に聞き取れなくなりスコアが出なくなる傾向があります。
■【対策】このレベルの受験者さんは、まずは、徹底した発話練習によりリスニング力は付けてください。ひとつひとつ丁寧にリスニング題材に向き合い、焦らずじっくりと繰り返すことでスコアにも変化が出てきます。カギは「学習量」です!時間の取れない平日は4時間、休日は8時間の学習を続ければ、90日以内にスコアは伸びます!

( スコア別に見る, 学習者の傾向と対策 )
➡ リスニング: 20, 21, 22, 23 点
■【傾向】このあたりの受験者さんが特に、スコアの伸びが停滞する傾向にあります。24点まで上がったと思ったら、次には19点になっていたっと言うことも少なくありません。(問題を1問間違えただけでもスコアが変わってくるレベルです。)
■【対策】ここは絶対に、今までの学習週間や取り組む姿勢を変えないでください。スコアに変化がないと「別の新しいテキストをやってみたい。」、「もっと他に良い方法があるのではないか?」という気持ちになるのも理解できますが、ここはぐっとこらえ、【 今まで通りの「パッセージの発話練習」を繰り返し 】て投げ出さないでください。このレベルの人は、実力が安定していないので、リスニング力は、「学習量×集中して聞いた時間」に比例すると理解し、量に徹底してこだわり、他の事をしながらリスニングする「ながら勉強」や、集中力なしの「ぼんやり学習」は避けてください。そんなことでリスニング力が上がる訳はありません。

( スコア別に見る, 学習者の傾向と対策 )
➡ リスニング: 24, 25, 26, 27 点
■【傾向】リスニング力は、とても安定しています。出来が悪くても23点まで、調子が良ければ28点以上が出ることもあります。
■【対策】他のセクションの対策を気にかけつつ、リスニング力は落とさないように注意を払ってください。高スコアを目指す人は、1つの問題を間違えるとスコアが変わるので、前の問題のミスに引きずられやすいことがあります。そして、試験中の集中力が落ち、結局は思う通りのスコアが出なかったっと言うことになります。普段のリスニング練習から、目の前にある問題に集中して、前の問題を気にしないような心がけを徹底させましょう。普段の姿勢を向上させることで、試験本番の取り組みがかわり、スコアも高くなるのです!



hhhhhsdf.png
リスニング学習に使えるアプリ
【 NHK出版アプリ 】