「 勉強会の正しい勉強法を使って、1週間で1000の英単語がしっかり頭に修まりました!」
 

TOEFL®に絶対に必要な TOEFL専門英単語

 TOEFLリーディングには、ヴォキャブラリーの増強は不可欠です。まず圧倒的な語彙力がなと専門分野をたくさん扱ったTOEFLリーディングを読みこなすことはできません。また最終的にはスコアが上げ止まります。TOEFLの英単語は、普通の英会話で使われているような単語ではなく、学術的なアカデミックの英単語ばかり。まず、TOEFL学習を効率的に進めるためにも、まず、語彙は「TOEFL専門の特別な英単語」をとことん増やしいってください。
 
TOEFLは、大学などの高等教育機関で学ぶために必要な英語力を測るテストです。つまり、日本の大学入試で課される英語科目ではなく、能力試験として位置づけされています。TOEFLの内容は、学術的なアカデミックなものであるため、各分野の知識が不足していると、スコアの出方が大幅に変わるのです。自分に馴染みのない分野こそ、英文で触れる回数を増やし情報を入れていると解答力につながります。
 


TOEFL®3800英単語(旺文社)
わたし達は、使っています。

TOEFL各セクションで高得点を取るためには、問題形式とストラテジーの知識に加え、読解力、語彙力、背景知識が欠かせません。これらの力を養うためにも、TOEFL英単語を『 映像レベル 』しっかり理解してください。

『 TOEFL3800英単語テストリーディング問題270 』を使って、 リーディング問題の設問パターン習得もさることながら、語彙力増強に重点を置いた学習をしてください。

1. 意味のわからない単語に印をつけておく。
2. 分らなかった単語リストをノートに書き出す
3. 英単語は意味だけ出なく、写真や映像などで「リアリティ」を入れてください。

「TOEFL勉強会より」受験者さんがTOEFLが難しくなってしまう一つの理由は、分野別の現実性(リアリティ)がないことです。リアリティは辞書で定義を引いただけでは分かりません。TOEFL勉強会では、各セクションごとのイメージ化を助ける上での映像化を義務付けています。読んでいても「 現実性の低い読み込みは意味を成しません」から、しっかりと「映像や写真」による視覚的な理解を外さないようにしましょう!

【 TOEFL英単語 】
・日本語でも意味の分からない英単語は、覚えてもなんの効果もありません!
・手間暇が、すごーーーーーーーーーーーーっくかかりますが、
・TOEFLスコア出ない人の特徴は、英単語に誠実でなかったことに起因します。