1.圧倒的な単語力!ヴォキャブラリーこそTOEFL力

TOEFLリーディングには、ヴォキャブラリーの増強は不可欠です。まず圧倒的な語彙力がなと専門分野を扱ったリーディングを読みこなすことはできません。( 結局、スコアが上がらなくなります。)TOEFLの英単語は、普通の英会話で使われているような単語ではありません! アカデミックな専門の英単語ばかり。まず、TOEFL学習を効率的に進めるために、まず、語彙をとことん増やして下さい。


2.文法・構文力

英文理解が正確にできるように、文法や構文の分析を行い「一文一文を丁寧にきちんと理解」していきましょう。


3.学術系・アカデミック内容の理解

TOEFL®は、あなたが本当に大学等の高等教育機関で学ぶ事が出りるのかを測る英語能力試験です。つまり、日本の大学入試で課される「 英語科目 」といったものではなく、能力試験として位置漬けされています。TOEFLの内容は学術的な内容であるため、各専門的な分野の知識が不足していると、スコアが大きく変わってしまうのです。自分に馴染みのない分野こそ英文で触れる回数を増やし、補強していくとスコアアップにつながります。

 

1.リーディング問題を解く。

「必ず時間を計って問題を解くこと」 リーディングの練習をする時は必ず、ストップウォッチで時間を測って行います。時間なしで無制限に問題を解いている時と、そうでない時とでは、集中の度合いが違ってきます。時間の制限されているものは、集中力が高まります。リーディングは、集中力が重要なカギを握るセクションです。どんな時もリーディングを解いている時は、集中力を引き出すために時間を測って行ってください。(またストップウォッチを使うメリットとしてもう一点は、問題を解く時間感覚を養うことができます。自分が行っているテストの長さを体感することも大切です。)
     


2.リーディング解答後は、とことん英文分析を行え!

「振 り返りをする」 問題を解き終わったら、必ず【○付けする前】に振り返りを行いましょう。学習において一番気づきが多いのは、この「解答終了直後」です。すぐに、解答をしてしまうと、「できた・できなかった」のただの「一喜一憂の○付け作業」に終わってします。テストで点を気にするだけの問題練習ほど、もったいない時間の使い方はありません。問題を解いたあとは、きちんと実は自分の弱いところだった箇所に「気づく作業」をしてください。勉強は、しっかりと出来ないところを認識し改善するところから実力を付けることができるのです。正確に分かった問題には○、あやふやなものには△、完全に分からないは×を印しながら勧めてください。また、復習時のために、問題文の中で知らない単語が出てくれば、まるで囲むなどしてチェックをつけて進めましょう。
   
「解答し、解答箇所を分析する。」 問題文の正解や根拠はかならず、本分の中にあります。その根拠となる部分を探しながら、しっかりと回答の裏取りをしていきましょう。問題を解いている間は、本当の意味での勉強をしている時ではありません。それは「問題を解いている作業」であって、ただ「自分の学力を測っている」時間なのです。問題を解いている作業は、体温計で自分の体温を測っているのに似ています。学習とは、その後に薬を飲んだり、処方を受けたりするなど「治療行為をしている時間」です。ですから、温度計で何度自分の温度を測ったとしても病気が治らないと同じように、実践的な問題を解いたからといって、学力が上がるというわけではありません。やはり、問題を解いた後のフォローや復習をしないと学習の健康力アップや維持できません。勉強するとは、初めに、自分の分からないところや弱いところ、改善点を探す作業から始まり、次に、しっかりと克服するところに目を向けることにあるのです!
   
「正解率を上げ、その次に解答スピードを養う」 正解率を上げるために時間がオーバーしても問題文を最後まで解き切ってください。時間内に解答する力を身に付ける前に、最初は解答力・正解率を上げる必要があります。次に、正解率や理解力を上げたあとに、解答ピードを気にかけてください。
     


3.「2度と間違えない!!!!!!」
  その学習姿勢がスコアを変える!

学力向上の基本は、【1度やったものは、断固、次は絶対間違えない!】ことにあります。気にかける点、正解しなかった箇所と、たまたま正解してしまった箇所についてです。得点が60点の場合、克服するのは得点できなかった40点と60点の中にあるたまたま正解した箇所です。こういった学習を行わない限りスコアアップは見込めません。間違えたところに対して、「完璧100%取り組むこと」が求められます。

「80%復習」で、取り組んでは絶対にいけません。解答を丸暗記してでも、なんとしてでも復習は100%取れなければ、リーディング問題を解いた意味が全くありません。TOEFLスコアが上がらない人の多くは、この適当な「復習80%出来でOK。」の人。回答したものは、2回目同じ問題を解く時にはかならず全部正解していなければ、学習していないと言ってよいでしょう。(でから、最初の得点は20点だって30点だってよいのです。「ただし!」2回目の出来は、80%ではなく100%を心がけてください。100%の復習をめざしていないかぎり、問題を100セット解いたからといって成績はあがりません。ひとつひとつの問題を「完璧」にこなしてこそ復習なのです。学習スケジュールの中に、過去に一度やったことのある問題を解き直す作業をし、そこから学習姿勢を見なおしてください。)

復習の完成度が低い人は、すべて中途半端です。なぜかできない人に限って手抜き学習で急いだり、ただ単に問題を解けば良いと思ったり、ひとつの問題の復習完成度が低いのに、たくさんのものに手を出したり、参考書を買い込んだりする傾向があります。一度解いた問題の復習完成度は100%にする」ことを心がけ、学習積み立てを確実なものにしてください。

「ケアレスミスは、ケアレスミスではないと心得る。」 それはあなたの完全なミスです。その「不注意」真剣に向き合って、克服してください。しっかり克服できて初めて、スコアがあがることでしょう。一つのテストに対してケアレスミスが何個もあるようであれば、それを0にするのを徹底的に心がけて取り組んでください。それだけで、今までとは全く違った学習姿勢となりますし、次のスコアの伸びにも変化がでてきますよ。
      


        

4.論理リーディング

【語彙の補強】と【英文理解】ができるのが前提として(難易度が高くなりますが)、「ただ何となく読み取っていく」読解レベルから、「文の展開を【意識しながら】論理的に読み進める能動的な(前のめりな)読解へ移ってください。TOEFLリーディングでは、「英文全体の構成と内容をまとめ」る力が必要です。意識するだけでもコアにもぐっと反映されてきますよ。(論理展開を意識した読み姿勢)