HOME > 【 合格体験記|TOEFL®勉強会 】 >  * 黒川りな|合格体験記 53→82点   ( TOEFL®勉強会 )


.

.

✿ TOEFL勉強会へメッセージ ✿ ✿ ✿

2016年12月 (16).JPG
出会ってくださった皆さん、本当にありがとうございました!なんだか普段じゃ出会うことのない人たちと一緒に勉強できたのはとても貴重な時間でした。TOEFL®勉強会は卒業になりますが、私にはまだ続きがあるので次のステップに入るために勉強を続けますが、ここで学んだことを活かしていきながら挑んでいきたいです!!なんだかんだ今度は自分で歩むんだという気持ちで楽しみです。今後もいっぱい悩んでぶちあたって進んでいきます。


わたしのTOEFL勉強会 ✿ ✿ ✿

ここは卒業という形にはなりましたが、いつでもこれからだなと思うばかりです。そして悩んでばっかりいたけど、目の前のことから逃げてただけなのかもしれないとも感じています。なにがしたいとか、将来どうしたいとか、やはり選択肢が見えてこそです。選択肢が見えない理由に私が選択肢を増やす努力があまりできなかったことがあります。TOEFL®を通して、step by step!前のことから逃げない!とたくさん教わりました(><)


✿ これからTOEFLを頑張る皆さんへメッセージ ✿

2017年3月 (105).JPG(重要だと思っているので力を入れて書きたいと思います。)

このTOEFL®勉強会を見つけた人は「TOEFL®でスコアを取る必要がある」という最低必要条件で来られたと思います。検索すると時々上のバーに「TOEFL 勉強会 宗教」と出てきますよね。笑。私なりにどうしてそう解釈されてしまうのか分析してみました。これからTOEFL®を勉強する上でTOEFL®勉強会に迷われている方々の一助になれたら幸いです。

【一つ目は非公式の団体なのに監督者が本気で取り組んでいるから。】
ページを開けると皆笑顔の写真が多くてサークルのりだと思われるかもしれませんが、参加されている方の多くは自分の夢の条件にTOEFL®のスコア達成があるので、まじめで本気な人たちばかりです。正直TOEFL®の勉強はかなり過酷です。勉強をしていく上で、監督は生徒さんたちと本気で厳しく向き合ってくれので、中途半端な気持ちでは絶対に絶対に絶対に私みたいに挫けまくります!!!!!! そんな中で東京、関西、名古屋のネットワークに加え、週一で様々な種類の人たちと勉強して語り合うのはすごく刺激的で楽しい時間にもなります。そのギャップがサイトだけでは伝わりにくいかもしれません!

二つ目はTOEFL®勉強会というのはスコアを取ることより先に自分や自分の夢と向き合う時間にかなり重きをおいているから。】
ここでは監督とのコミュニケーションに加え、日記やメッセージなどで自分について自分の言葉で表現する機会がはんぱなく多いです。なんのためにTOEFL®のスコアが必要なのか、その夢を達成したいのか、その理由を深く深く掘り下げていきます。いろんな自分が見つかるのではないでしょうか。

 「誰かを見返すため?」
 「もっと自信をもちたいから?」
 「周りに認められたいから?」
 「いい就職先を見つけたいから?」
 「自分に挑戦してみたいから?」
 「つくりあげたいものがあるから?」

そこに答えはありません。勉強を通して、自分の将来について考える機会が沢山あり、いろんな価値観にぶつかると思います。自分で納得するまで考えてそれが自分にとって正しいか正しくないか決定していく過程を私はすごく充実した時間だと思っているし、それができるのはTOEFL®勉強会だからこそと思っています。そういう面ではTOEFLと同時に自分の価値観の再構築の場であるのと思っているので特殊に映ると思います。

【TOEFL®勉強会そのものの個性が強烈だから。】
監督(ささきさん)は他の卒業生の合格体験記にもあるように、SUGOIです。勉強以外のいろんな分野で声をかけて力になってくださるので、沢山お世話になりました!どんな人かつかみにくいので監督を表すいい例としては、「夢をかなえるゾウ」に出てくるガネーシャさんです! ガネーシャさんの哲学や人柄を好きであれば、TOEFL®勉強会は最高の環境だと思います!ちなみにガネーシャというのはインドのヒンズー教の神様ですが、本の中のガネーシャさんはおもしろいことにヒンズー教とは全く関係ないです笑 時に監督の強烈的な哲学に圧倒されますが、TOEFL®勉強会が長く続く理由には私たち生徒もその考え方に共感できるからだと思います。そういう面で勉強法だけを提供する講義とは違うのでTOEFL®勉強会が色濃く見えると思います。

以上の三つが、TOEFL®勉強会が試験勉強だけに特化したものが通常であり主流な英語学習市場において、特異な存在に見える要因だと思います。実際に私がここにいて思ったのは、皆自立して行動している人たちが多いということです。逆にTOEFL®にいることが目的になってしまわないことです。なんだかんだすごく楽しいので、私は途中から住人みたいな気持ちになっていましたが、私たちはここを通過する旅人でなければなりません。なんのために自分がここにいるのか何度も再確認していくことが、勉強会に限らずどの社会においても自分を見失わないために必要なことだと思ってます。

【Q】初めてTOEFL®勉強会に参加した時はどうでしたか。
名古屋では勉強会がまだ出来ていなかったときに参加したので、月に一度ささきさんがカフェにやってきて報告をするという形でしたが、東京にあるささきさんの塾へ行ったら勉強している人たちもちゃんといるし、雰囲気全然違って、本当にTOEFL®勉強会なんだ~~!!!と実感しました。でも朗報です!!!名古屋も人が集まって今では週一で名古屋のカフェで勉強会が行われています。様々な分野の人が集まるので楽しいですよ:)))

【Q】TOEFL®勉強会を選んだ理由は何ですか?継続でき辞めなかった理由は何ですか?
人です!人がいい!

【Q】スコア達成を確認した時の様子、教えて下さい!!!(その時の気持ちや感情など、ぜひ教えて下さい。)
やればあがるんだー!!!

【Q】TOEFL®勉強会での忘れられない言葉。
ささきさんに北朝鮮に関心があるけど周りに反対されて行くのが怖いので香港に行く話したとき、「行って、死んでこい!」といわれたときです。私はこの言葉に本当に救われました!笑。結局ビザが下りなくて、中国と北朝鮮の国境線ぶらぶらしただけでしたが、ここまで行動にうつせたのは、周りを言い訳にして自分の本当にやりたいことやその責任から怖がって逃げることは簡単です。でもその時点でどんなに不平不満をいってもすでに自分から自分らしく選択して生きることを放棄しているとささきさんに教えてもらえたからです。ありがとうございました。私絶対に行きます。

(*ささきさん却下しないでくださいね!この文!!!!!)

【Q】大切な10年後の自分にメッセージ!


将来なにをしてようと自分が最強の自分の味方でいてください!


✿ TOEFL勉強方法について ✿ ✿ ✿

2016年11月 (33).JPG
【 在籍期間】 2016年11月 ~ 2017年4月
【 平日の学習時間】  2~4時間
【 休みの学習時間】  4~6時間
【 一番勉強した時間】 7時間
【 今までの最小スコア 】  53点
【 目標達成/最高スコア 】 82点

【 過去のスコア変遷 】
(2014/5/24)R11L17S14W13 55
(2014/9/14) R17 L14 S15 W17 63
(2014/11/18) R15 L13 S17 W19 64
(2014/11/29) R19 L13 S18 W17 67
(2014/12/21) R21 L17 S19 W21 78
(2015/4/18) R11 L18 S19 W16 64

[ リーディング ]  11 → 21点
問題作成者の気持ちになかなかなれない自分がいて、なんだかんだ苦手なセクションです。
点数が十分ではないのでまだまだですが、コミュニケーションをとるのと一緒でじっくりそして量を沢山とることが必要だと気づかされました。

[ リスニング ] 13 → 22点
ささきさんが集中した分だけ力はついていくといっていたので、集中してやることにとにかく力をいれていました!一番苦手だったので最後にこの点数が出たのはちょっと意外でした。

[ スピーキング ]  14 → 20点
まずは文法とか、発音とか気にせずに恥ずかしがらずしゃべり倒す練習しました。飽き足らないので今後私はonline lesson始めます!(^^)

[ ライティング ] 13 → 21点
私の場合Introduction Body Conclusion という枠組みで言葉を埋めていきましたが、内容の薄さや文法、スペルのミスが多かったので今後はここに力をいれていかなければなりません。リーディング、リスニングに力の成果がでてきてから、取り組んだほうがいいとよく耳にします!

[ 試験一週間前/また前日のスケジュール等 ]
いつもどおりに進めていました。あとは根拠のない自信をもつようにしていました。


[ 試験中 ] 気持ちの持ち方や、工夫したこと、今までのエピソードがあれば自由に♪
皆がチョコチョコいうので私もチョコ食べていました!!!


[ 失敗体験談 ]
ずばり自己投資をおしまないことです!!!当たり前のことなのにささきさんに言われるまでわかってなかったです。2年前の私は、いかに安くTOEFLでスコアをとることばかり考えていて、教材を一冊も買わずに挑んでいました。笑 そのおかげで単語もぼろぼろだったし、大学にある教材を渡り歩いていたので、とても非効率で、もちろんTOEFLの点数も停滞しまくっていました。数千円の教材費を惜しんで一度に3万近くする試験でいい点をとろうなんて、おこちゃまな発想をしていた自分をぶん殴りたいです。今でもぶん殴れる可能性があるので、私自身気をつけなくちゃいけないし、自分のためになるとわかっているのならお金をかけることを怖がってはいけないです。 


✿ ささきっち (監督者)へメッセージ ✿ ✿ ✿

2017年2月 (3).PNG会うまでは皆さん監督者が謎過ぎて不安だと思いますが、良きお兄さんであり、先生です!初めて会ったのはカフェだったのですが、朝早くにすでに卒業生の方と話されていて、遠めからでも物腰が素晴らしかったので、直感的にここにしよう!と思い参加させていただきました! 私の直感は間違ってなかったです。自分の人生の通過点としてTOEFL®勉強会に参加できたのは本当に良かったです!

.

.