HOME > 【 合格体験記|TOEFL®勉強会 】 >  * 木元かれん|合格体験記 62→96点   ( TOEFL®勉強会 )

.

✿ TOEFL勉強会へメッセージ ✿ ✿ ✿

まず、意識改革!これは勉強をする上で本当に大きいです。合格するには、並大抵の気持ちじゃだめですね。そう、勉強の量や質ももちろんあげていかなきゃいけないけど、それよりも大事なのは自分の気持ち・情熱がこもっているかということ。いくら手段をいいものにしてもそれを動かす人間がやる気がないんじゃそれは使えないですからね。今参加しているメンバーはみなさんTOEFLスコアの向こうに目標があります。その目標が本当に本当に自分の願うものであるのか。もしそうであるならば絶対にやり切れるはずです。既に火がついているのならば、あとはもう自分とSasaKicchiを信じてひたすらがんばってください。


✿ わたしのTOEFL勉強会 ✿ ✿ ✿

2008, 9 (81).JPG

苦しみや不安からの解放感と共に「多大なる感謝」…ですね。 最初は「方法」や「やり方」を知らなかったから、TOEFL対策の勉強法も勉強の習慣や取り組み方も、わからず(身についておらず)、無計画にただ時間をとってっていました。でもそれではスコアがある程度しかのびない。私が最高スコア(78)までいけたのは、紛れもなく自分にあった勉強法・勉強スタイル・自己管理能力・メンタルの成長を学んだからです。やっと自分自身をほめてあげて、自信をつけることができました。 支えてくれた家族や、友達、勉強会のメンバーそして指導者であり相談相手でもあったSasaKicchiさんに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

(本当に色々なこと学ばせていただきました。)
 ・勉強法(TOEFLに関して)
 ・勉強スタイル(バイオリズムによる)
 ・自己管理能力(スケジューリング)
 ・メンタルの強化(モチベーションの維持、屈しない心、プラス思考など)
 ・仲間でやることの効果
 ・企画、運営する力

これらの項目に集約されるかと思います。本当に遊ぶ暇もない1,2ヶ月、必死にやってきたことでこんなに沢山のことを学ぶことができました。自分自身を成長させることができたのではないかなと思います。次のステップである大学進学や社会人になっても、SasaKi塾で学んだことは絶対に通用すると確信しているので自信をもって、次なる課題や自分自身の成長に向かって計画的に取り組んでいきます。笑 まだ、はっきりとは断言できません。でも、この喜びや達成感をほかの人にも味わってほしい。 将来就く職業がなにかは別として、 「人を成長させることができる人間になりたい。」 と思うようになりました。社会に貢献できる人材になろうと将来の自分の姿を想像しています。

(目標達成や状態を作るうえでの自分の課題)

一、浮気しないこと。やると決めたらやる。
  目標に対しても、勉強法に関しても、ひとつのことを決めたら最後までやりぬく。

二、自分をもつ。
  自分の信念や意見は簡単に曲げちゃだめ。自分の人生は自分でしか歩めないから。

三、感謝の意をもつ。
  どんなときだって振り向けば君が…じゃなくて(笑)、
  沢山の人に愛されて生きている自分を思い出し、活力へつなげる。

四、笑顔を忘れずに。
  笑顔ひとつでどんなにつらい状況も変えることができる。
  そして自分でプラスのエネルギーを発すれば、
  (そんなつもりでなくても)それに見合った反応が返ってくる)

私はこの勉強会ではおなじみMeMe星人の一人で、とにかく自分のことしか考えてなかったと思います。生活も考え方も、自分の都合にばかり合わせていました。 でも、SasaKicchiさんの厳しくも愛情ある指摘と指導の下、少しずつ意識が変わっていき、今では「自分に何ができるか」を考えることができるようになりつつあると思います。そして、勉強を始めて約半年がたちなかなかスコアの上がらない自分を情けなく感じ、後ろめたく思っていましたが、SasaKi塾にはいって1ヶ月~2ヶ月、何もかも捨てて本気で勉強できた自分を誇りに思います。
  
  

✿ ささきっち (佐々木和寛)へメッセージ ✿ ✿ ✿

2008, 9 (96).jpg:若い。でも、落ち着いていて、そしてにこにこしている。きついことをスパっと言い切る強さがある。 そこには生徒の成長を心より望み、その後の将来まで深く考えたやさしさや情熱がある。まだ更なるレベルアップを考えておりますのでこれからもご指導のほどよろしくお願いします。教育者としてさらに磨きをかけていく。+これからも沢山の人に愛され、人生を楽しく生きていそう。

.

.




成功の大きさは

それを望む大きさ

夢の大きさ


達成するまでに

経験する

障害の処理によって

決まる